読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒雲日記

冴えないワ・タ・シのポイズンダイアリー

吹き替え版映画のすゝめ

勘違いして貰って欲しくないのは、僕は人と映画を見に行く時、相手が字幕版じゃなきゃ嫌だ、と言ったら、そっちを選択するだけの社会性はある、ということだ。

別に「吹き替え〜? ガキっぽいね〜」って言われても、「そうっすね〜、字幕読むと疲れません?」と答える。

泥沼になるし、嫌われちゃうから、あえて言わないだけなんだ。

なんとなく通ぶりたいから字幕版を選んでる、というなら吹き替え版にした方が良いと思う。
映画が凄く気に入って、俳優本来の声で、セリフ回しを堪能したいのなら、2回目は字幕版にすると良いと思う。

 

◯字幕派の言い分

外国人なのに、日本語で喋ることに違和感がある。

PR優先で下手くそな声優や、上手でも担当した人のイメージに引っ張られてしまうのが嫌だ。

俳優さんの声と演技が合わさって本来の映画だ。

 

◯吹き替え版の良い点

君は字幕を読むために映画を見ているんじゃないか。

そのセリフを読んでいる間に、俳優の僅かな瞳の揺らぎや、背景の光の移り変わりを見逃してしまっているんじゃないか?

シェイクスピアの時代に観劇しているんじゃないんだぜ?

 

音で聞き取れる長さに対して、読める長さが短いせいで、場面によっては、セリフそのものが短縮されてしまう。

時々、違和感がある会話や変な翻訳が出てくるのは、そのせいだ。

 

声優の演技やイメージって、よっぽど酷いの以外は君の集中力の問題だと思うけど。

 

◯それでも意見を変えないなら

オーケー、そこまで言うなら、英語を覚えればいいじゃないか。

どうして、そこまでこだわるのに、究極の選択字幕なしを選択しないのかなぁ?

好きでもないのにコーヒーをブラックにする位、子供っぽいと思わないか?

 

僕にとって映画は、脚本と演出だ。

出ているスターが誰それ、立派な賞をとった監督が誰々で、「映画通」の君が評価を左右されるなんて情けない!