読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒雲日記

冴えないワ・タ・シのポイズンダイアリー

わかりません人間の恐怖

現代の人間を十把一絡げに、「こういうタイプ」としてしまうのは、あまり良くないことかと思うが、「わかりません人間」と僕が呼んでいる人種を紹介したい。

 

連中の特徴は、自分の考えをアウトプットする前に、「わかりません」と答えることである。学校などで、先生から指名されると答えを考える前に「わかりません」と答える。本当にわからないのではなく、テストなどでは、キチンと答えることができるのだ。

推測ではあるが、なぜ、そんなことをするのかというと、指名されて皆の注目を浴びる中で答えたくないとか、「わかりません」でスルーできるなら、それが一番効率が良い(と本人は考えている)とかの理由が考えられる。

本人よりも、それを許容して来た教育機関に問題があるのは明白であるが、学校の中では、こういう人間は余り問題視されず、社会人になってから本人も周りも非常に苦労するのが実情だ。

彼らは、今まで生きてきて問題があっても「わかりません」でスルーして来たせいなのか、常に受動的であり、自分からアクションする事がない。そして、自身の問題を問題とは捉える事が出来ない。

 

知人から聞いた話である。

20歳派遣社員のAくんは典型的な「わかりません人間」である。

Aくんは物分りがよく、直ぐに仕事を覚える。

しかし、Aくんは、作業がわからなくなると、フリーズしてしまうのである。

 

「どうした、Aくん、わからないことがあるのか?」

「………」

「ん? ああ、これか。……こうするんだ! 次、わからないことがあったら、直ぐいってくれ!」

「……」

「(ありがとうとか、ないのか)」

 

しばらくすると、Aくんがまたフリーズしている。

「どうした、Aくん、また分からないんか?」

「……」

「ごめん、何がわからないんだ?」

「……ゴニョゴニョ」

「は? ごめん、聞き取れない」

「……ゴニョゴニョ」

「聞こえんから!」

「……ゴニョゴニョ」

「……(ブチッ)いい加減にしろ! イチイチお前になんでお伺いを立てて、聞かなあかんのじゃ! お前、喋れない訳じゃないだろ、二人作業してる時、危なかったら、危ない! って叫ばなければならんのやぞ!」

「……ゴニョゴニョ」

「……もう分かった、紙貰って来て。筆談しよ。時間が勿体無い」

「……ゴニョゴニョ」

「……嫌なのか。じゃあ、どうすんの」

「わかりません」

「は?」

 

Aくん、さっきから時計をチラチラ見ている。

終業2分前だった。

 

「なあ、さっきから時計見てるけど、俺は、お前の為に時間割いて教えてるんやけど。自分の仕事止めてさ。それより大事な用事あるんか」

「はい」

 

Aくんは、そう言って帰ったそうだ。

ちなみに、Aくんには、家族がいなくて、友達もいなくて、休日の過ごし方は「別に……」だそうである。

 

 

ハケンの品格 全4巻セット [レンタル落ち] [DVD]

ハケンの品格 全4巻セット [レンタル落ち] [DVD]