読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒雲日記

冴えないワ・タ・シのポイズンダイアリー

バカが付くほど不真面目です-良くないキャッチコピーの特徴

3篇 日本郵便 ゆうパック CM 松本人志 「バカまじめな男 登場」「2人きり」「再会 ...

 

ヨドバシでお買い物をした。

Amazonに徹底対抗するヨドバシ、通常なら次の日には出荷なのに、今回に限って4日ほど時間を要した。追跡で確認すると、品物が北海道から出荷されるためだった。

まあ、仕方がない。人気商品なのだろう。今、その商品を確認すると取り寄せになっているので、タッチの差で買えなかった可能性もある。

 

そして、到着予定日の本日。

夜勤なのだが、居ても立ってもいられず、早起きして配達されるのを待っていた。

前日の朝に郵便局に到着しているのは確認している(時間指定されていたようで、無ければ実質前日に届いていいた)。

お昼を回っても配達されない。

オカシイと思い、外の配達ボックスを覗くと、不在票が入っていた。

 

「バカが付くほど真面目です」

これは、日本郵便のキャッチコピーである。

100歩譲って、僕がインターホンを聞き逃したとしよう。

不在票から再配達を手配する。

 

f:id:smoglog:20151125153305j:plain

再配達に必要な情報が未記入。

 

「バカが付くほど真面目です」

これは、日本郵便のキャッチコピーである。

 

企業が冠するキャッチコピーは、企業がもっとも大切にしたい、とする想いである。

はじめて冒頭のCMを見た時、僕は胡散くせえな、と思った。

守れない約束をキャッチコピーにするべきではない。


まあ、本当にバカ真面目なら、大物タレントを使って喧騒するような真似はせず、そのお金でサービス向上に努めるから、最初から語るに落ちてるけどね。

 

1行バカ売れ (角川新書)

1行バカ売れ (角川新書)