読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒雲日記

冴えないワ・タ・シのポイズンダイアリー

今だから書く、AppleWatchの評価

https://www.instagram.com/p/BAEqcaYQGaN/

年明け、文字盤が溶けたAppleWatchを交換対応してもらった。

原因については目下調査中とのことだった。今回の時計も、溶け出す可能がある。交換対応をしているのは、「今のところ」と言われていたので、次回からは有料かもしれない。

 

AppleWatchのキチンとした評価をしていなかった。

iPhoneとAppleWatchの組み合わせは便利だ。しかしiPhoneだけでも十分便利だった。不満がなかった。これが僕のAppleWatchの評価の全てだった。

仕事で時計を付けることのできない僕は、AppleWatchを「あえて」使おうと、能動的にならないといけない。そこに一つのストレスがある。

 

あえて使おうとした時、登山でアクセシビリティを使用すれば電池切れ。自転車で使えば、片手で使えない(「hey,siri! 通知を消して」「通知を表示するには……」)。旅先で道先案内を使えば、方向音痴には表示不十分で、結局iPhoneを取り出す。

 

僕は大きな勘違いをしていた。

モバイルからウェアラブルに、時代が進んでいるのは間違いない。でも、iPhoneとAppleWatchの関係は、「モバイルウェアラブル」なのだ。ウェアラブルの片方では成立しないのだ。AppleWatchは、iPhoneの周辺機器でしかないのだ。

 

僕はウェアラブルデバイスとして、AppleWatchに期待しすぎたのだと思う。カジェットとしてではなく、時計として考えると、5万円という価格は納得できる。毎日使わなくてもいい。色々便利な機能が付いているかもしれないけれど、それはオマケ。僕はAppleWatchをファッションアイテムとして、着飾るために装着する。

 

AppleWatchは、ただの時計だった。