読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒雲日記

冴えないワ・タ・シのポイズンダイアリー

親友……心に秘める言葉

 

 *このアフィリエイトリンクは、本文に関係ありませんが、お買い求めいただけると、僕の懐が少し温まります。

 

愛を連呼するラブソングが陳腐に聞こえるように、「親友」という言葉を日常的に使う人間が苦手だ。

 

「俺とアイツとは親友だからさ」と他人に口にするとき、それは当人同士の理解であっていいはずだ。「友達」ではなく、わざわざ「親友」と他人に伝える意図は、相手を凄く大事にしている、というよりは、自分の交友関係の素晴らしさをアピールしているように思う。

 

友達の中に、何も包み隠さず話せて、お互いの気持ちが真に理解できる人がいる、ということは本当に素晴らしい。でも、友人の中に序列がある、ということでもある。人間なのだから、仕方がないだろう。誰だって孤独はツライ。その場合わせの寂しさを紛らわすだけの関係性だってあるだろう。

 

人間関係なんて損得勘定だけだろう、って思っている時期もあった。だから、親友って言葉が胡散臭く聞こえるのだと思っていた。でも、思い返すと僕には自分が傷を負っても(命を投げ出すとまでは言わないよ)、困ったことがあれば助けたいと思う人たちがいる。彼等に「君らは僕の親友だよ」と口にしたところで、本当かどうか信じてもらえないかもしれない。そんな関係が親友か、と思うかもしれないけど、信じてもらえるなら、尚更、口にするのも野暮ってものだ。

 

「親友」って言われるよりも思われたい。

友人関係を戦闘力と勘違いしないでくれ。