読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒雲日記

冴えないワ・タ・シのポイズンダイアリー

黒すぎて塗るとブラックホール化するベンタブラック対抗塗料ブラック2.0を購入

f:id:smoglog:20170425152240j:plain

画像:CULTURE HUSTLE – Culture Hustle

karapaia.com

 

べンタブラックと言えば、光の吸収率99.96%を誇る、史上もっとも黒い素材で、塗ると黒すぎて表面の凹凸がわからなくなり、奈落の底のような深淵の闇になるという、なんとも心惹かれるもの。

そもそも、どうして光を吸収すると黒く見えるのかというと、日光には虹でみられる可視光線のスペクトル全てが含まれ、物体はその中の光の波長を吸収・反射して我々の眼には色として映る訳です。なので、全吸収は黒。白は全反射ね。ブラックホールが黒く映るのは、重力が強いあまりに光すらも戻ってこれない為。

 

で、そのベンタブラックだが、結構人体に危ないそうで、使用に専用の施設やら許可が必要らしい上に、この魅惑の塗料を独占した芸術家がいるそうなのだ。詳しくは上記の記事を読むべし。

それに対抗して、誰でも(その独占した芸術家以外)利用できて、しかも人畜無害な塗料として登場したのが、今回購入したブラック2.0というわけ。

価格は11ユーロぐらいで、日本円では1700円ぐらいだった。イギリスからの送料も同じくらい必要だった。下塗のベースが7ユーロ。合わせて日本円で3700円くらい。

気になるブラック2.0の黒さだが、さすがにベンタブラックには劣るが、一般的に使用できるアート用品としては一番の黒さらしい。

 

到着には1週間くらいかかるようだが、これは非常に楽しみである。