読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒雲日記

冴えないワ・タ・シのポイズンダイアリー

わかってる人間の恐怖

現代の人間を十把一絡げに、「こういうタイプ」としてしまうのは、あまり良くないことかと思うが、「わかってる人間」と僕が呼んでいる人種を紹介したい。

 

連中の特徴は、考えるよりも先に「わかってる」で済ませることである。

「犬の世話しなさい!」 → 「わかってる!」 → やってない

「お風呂は入りなさい!」 → 「わかってる!」 → 入らない

「仕事に就きなさい!」 → 「わかってる!」 → ニコ動見てる

「朝は起きなさい!」 → 「わかってる!」 → 今日は午後4時に起床

 

本人よりも、それを許容して来た家庭に問題があるのは明白であるが、家庭の中では、こういう人間はよっぽど出来たご両親でないと放置されてしまい、社会人になってから本人も周りも非常に苦労するのが実情だ。 彼らは、今まで生きてきて問題があっても「わかった」でスルーして来たせいなのか、基本的に怠惰で、自己の問題を問題と捉えない傾向にある。

 

知人の妹の話である。

その妹は、外資系の企業に派遣社員から、正社員登用テストに合格した。

まさかのシンデレラストーリー! 給料は、3人兄弟の誰よりも高く、入社以来まともにボーナス支給されない僕…否、知人が悔しがる、合計7.0ヶ月分!

これで僕…否、知人の家は安泰だ! 未来永劫の約束された繁栄。

バンザイ、シスター! お兄ちゃん、君の稼ぎに期待してフィギュア、ガンガン買っちゃう!

 

しかし、夢は醒めてしまう。

その会社は、外資系ならではなのか、コミュニケーションを活発にする目的で、無駄話は寧ろ推奨されていたそうだ。僕…否、知人の会社だと、生産生産生産で作業の段取りの為の会話ですら、上司のキツイお叱りが飛ぶ始末だから、僕からすると夢の様な職場であったが、あッ、知人の話だよ、そんな職場が妹には負担であったらしい。

女性が中心の職場で無駄話と言えば、そりゃ妬み嫉みの陰口に決まってる。繰り出される罵詈雑言、アイツが嫌いだ、あの子がムカつく、嫁姑旦那子供お隣さんがー。オハーからッシターまで尽きることない終わることない毒舌皮肉中傷誹謗。

とうとう妹はノイローゼになってしまい、会社を去る。

ああ、約束された未来への切符が。

 

こうして、知人の妹は自宅警備員となった。

彼女は典型的な「わかってる人間」となった。

誰か娶ってくれないかなー。

知人の妹の話である。